Les Rêveries du promeneur solitaire

孤独な散歩者の夢想

「倭寇強奪の証拠はない。思い出すと悲しいので捨てた」

韓国からやってきたのは、仏像は自分たちのものと主張する浮石寺の僧侶2人と前国会議員、市民団体メンバー、通訳ら6人だ。観音寺など対馬の寺や神社から 仏像・神像を盗んだ窃盗団はほどなく韓国内で捕まり、仏像などもただちに返却されるはずだった。ところが、浮石寺が「その昔、うちから盗まれたもの」と主 張し、裁判所もこれを認める決定を出したことから、ことはおかしくなった。

浮石寺側は倭寇が強奪した仏像だと主張するが、その根拠を求められると「根拠を示す鑑定書は仏像を失ったときに、思い出すのが悲しいので捨てた」と見てたかのように言う。倭寇が出没したのは500~600年前のことである。
で、食べてびっくり。
これが驚愕の美味さなのだ。
一番に感じるのは、カップ焼きそば特有の油っこい風味が消えていること。
若い頃ならいざ知らず、中年の胃にカップ焼きそばは重すぎることがある。ところがこの煮ヌードル焼きそばはスッキリ軽い食べ応えで、いくらでもズバズバとすすれてしまうのだ。
油っこさが無いので、ソースに含まれているスパイスの風味などもハッキリ感じられるようになった。「カップ焼きそばのソースって、こんな複雑な味が付いていたのか」と驚くぐらいだ。
マジか。マジでか。
マジか。マジでか。
鍋で麺を強く煮立てたことによって、フライ麺の持つ油分が飛んだ、ということなのだろう。
いやもう理由とかどうでもいい。今度からカップ焼きそばは全部煮る。絶対に煮るべきだ。少なくとも僕は煮る。「カップ焼きそば食べると胸焼けするんだよな」と感じたことある人は、すべからく煮ると良い。

amamakphoto:

Portfolio III: Digital

(via amamakphoto.com